不利な条件だと結婚できませんか?答えはNOです!

ひとしです。私はお見合いで恋愛結婚しました。

夫と出会った頃の私の条件は次の通りです。

 

両親は幼少の頃に離婚、私自身は初婚。

33歳に片耳が原因不明の突発性難聴にかかる。

(治ってません)

36歳に中古住宅を購入。

42歳に家を建て替え。

(夫との交際と同時進行だったが、夫にカミングアウトしたのは真剣交際に入ってから)

 ちなみに写真は結婚相談所で登録したお見合い写真です。

 

正直ずっと独身だと思っていました。そのつもりで家を買ってます。

1人って楽チン快適だし、自分と飼い犬の食いぶちくらいはなんとかなるでしょって思っていました。

 

片耳難聴、住宅ローン持ち。小型犬とはいえ、わんこ2頭のコブ付き。特別に容姿が良い訳でもありません。

 

不器用なのでお化粧もできない、UVクリームを塗って、パウダーして、眉なんて描けないのでアートメイクです。あとは口紅、チークをちょこっと。

 

身長158センチ、体重55キロ。そして42歳。お見合い市場だとマイナスですね。

 

夫とは出会って3ヶ月でプロポーズをしていただきましたが、夫と出会う前は結婚情報サービス会社「ツヴァイ」へ31歳の時に入会し、約10年在籍していました。

 

「ツヴァイ」へ入会したきっかけは、親の勧めです。まだ、結婚情報サービス会社と結婚相談所の違いもわからなかった私。いい人がいれば結婚も悪くないと思っていました。

 

その時の私の条件は、

初婚、33歳までは耳に異常なし、体重52キロでした。

 

どうです?「ツヴァイ」で入会していた時の方が条件はいいと思いませんか?

でも実際は30代では結婚できず、40代で結婚しました。

 

一般的にお見合い市場では、男性は年収が高ければ高いほど、女性は年齢が若ければ若いほど良いとされています。

 

しかし、婚活している人の中には、年収や年齢を重視していない方も少なからずおります。

人によって結婚相手に求めるものは違います。

 

条件が悪いからといって、出会いを諦めてしまうのは早計です。

ここに条件が悪くても恋愛結婚して、幸せに結婚生活を送っている人間がいるのですから。

 

そして何より自分自身が本当に結婚したい気持ちがあるのかどうか?

結婚したい気持ちとは、自分のプラス部分とマイナス部分を受け止めてもらうのと同時に、相手のプラスもマイナスもまるっと受け止める気持ちです。

条件云々よりも、これが1番大事なことだと私は思います。