成婚退会=婚姻届提出ではない

今日は大切なお話です。

結婚相談所での活動は、結婚する相手を探すためなのですが、

成婚退会したら結婚できるということではありません。

 契約書にはもちろん記載されていますが、流し読みしないでしっかりと心に刻んでください。

大事なことなので、もう1度言います。

 

成婚退会は、婚姻届提出ではありません。

 

結婚相談所では、お互い結婚の意思があるかどうかが成婚退会の定義となっています。

では、意思があるかどうかの判定はというと、

 

男性がプロポーズをして女性がそれを受ける

 

そこに契約があるわけではありません。

(民事訴訟的には婚約した事実が認められれば慰謝料など請求できますが、ここでは結婚することについてのお話なので、婚約破棄については省略します)

 

 

なので、成婚退会後に破局ということもあるわけです。

よく聞く言葉は

価値観が合わない、性格の不一致

 

親と合わなかったり、真剣交際中に話さなくてはいけないことを話さなかったり、大人の関係になった時に気まずかったり、本当はずっと相手に無理して合わせていたり。

 

成婚退会の時点で温度差があっても危ういです。

 もうこの人を逃すと結婚できないんじゃないか

早く専業主婦になりたい

実家から出たい

親がうるさい

子供が欲しい…などなど。

結婚に対して「○○したいからまあ、いいか」という気持ち。

こんな気持ちで結婚してしまうと、果たして結婚生活って楽しく過ごせるのでしょうか?

 

中途半端な気持ちに待ったをかけてくれるのが高額な成婚料で、心理的に指標の役目ともなるのですが、稀に男性が女性の分の成婚料を負担するケースもあります。

 

縁あって出会い、結婚を意識したもの同士が成婚に向けて短い期間の中、濃密な時間を過ごすのです。

大好きな女性から成婚料の支払いについて相談されたら、支えたいと思うのが男性です。

 

しかし、結婚を躊躇するようなことになってしまったら、金銭的にも心理的にも男性にとって大ダメージです。

 

よほどのことがない限り、女性は自分の成婚料は自分で支払いましょう。

ご自身の選択については自分で責任を取りましょう。

 

自腹を切らないとわからないこともあります。成婚退会後の破談は、自分だけでなく相手も傷つきます。相手も成婚料を支払っていることも忘れないでください。

 

本当にその人と結婚したいのか

自分自身に歩み寄れる気持ちがあるのか

お互いの歩み寄りがないと、夫婦は成り立ちません。

成婚退会後早々に歩み寄る気持ちがないと、どこかで破綻してしまいます。

戸籍を汚さずに済んだと前向きに捉えることもできます

婚約破棄によって学べることもあります。

しかし、それでも婚約破棄なんて経験しない方がいいんです。

この人と一生添い遂げると覚悟を決めて成婚退会してください。

覚悟を決める材料を真剣交際中に集めてください。

迷っているうちは成婚退会してはいけません。

交際の延長を申し出てください。